小野史敬/FUMIHIRO ONO



Fumihiro Ono/小野史敬 打楽器奏者・作曲家

 

「~挑戦的な独奏曲~奏者の技術的な挑戦、ニュアンスの習得、そして聴衆を魅了するに最高な要素を兼 ね備えている」(米HoneyRock出版社 ”Clock Speed”書評より)

 

12歳から打楽器を始める。昭和音楽大学打楽器科卒業。打楽器を石内聡明氏に師事。2014年に渡独以後、 ドイツの首都ベルリンを拠点とする。クラシック音楽で培った素養を軸に、器楽奏者からの委嘱作品を手がける一方、ベルリンでの創作活動は美術家やダンサー等、多様なアーティストとの共同制作を軸に"舞台芸術"(Performing Arts)のための音楽を作曲するといったユニークな二面性をもつ。2016年、第14回PASイタリア国際打楽器コンクール、小太鼓独奏部門にて優勝第一位。2017~19年、同 コンクールの作曲部門にて3年連続で最高位を受賞。打楽器の演奏法・作曲法における斬新なアイディアと 独創性が国際的に評価され、2017年に米HoneyRock社と出版契約を結び作曲家としてデビューを果たした。これまでVelte - Saal (カールスルーエ国立音楽大学), グラーツ国立音楽大学, ACUD Theater Berlin, Theater Discounter, Die Alte Münze, MUSICASA,トー キョー・コンサーツ・ラボ、けやきホール、北千住BUoY等、世界の様々な劇場や音楽大学にて無数の作品を発表。現在も国際的な打楽器の楽譜専門店にて作品が販売される。またPASイタリア国際打楽器コンクールでは、課題曲の作曲者として現在も作品が選出され続けている。2019年、自身初の全作品がオリジナルによる作品個展「小野史敬ソロ・エキシビジョン」を開催。同年、自作品の発表と新たな音楽流通のため自身の出版所「F Music」を創設。これまで母校である昭和音楽大学の図書館をはじめ、グラーツ国立音楽大学、シンガポール国立大学並びYSTC、アイワオ大学等、国際的な研究機関に自作品のスコアが蔵書される。芸術活動も評価され、2021年には東京造形大学の客員講演者としてレクチャーを行う。 Performing Arts Festival(PAF) in Berlin2018/2023, PAS Italy Percussion Competition Winner’s Concert 2016/2019,「時の彫刻」(2020) が収録されたCDアルバム「Pisca-Pisca」が音楽之友社刊行のレコード芸術にて”特選盤”(2021年8月号)に選出等 公演歴、受賞歴は多数。2024年、自身初となるバレエ音楽がテアトロ・ジーリオ・ショウワにて世界初演されるなど打楽器奏者という範疇にとどまらない音楽家である。


年譜


 【受賞歴】

・14回PAS イタリア国際打楽器コンクール、スネアドラム・ソロ(C部門)優勝第一位

・2017~19年、同コンクール作曲部門において3年連続で最高位受賞

 

【作曲歴】

・Honey Rock社(アメリカ合衆国)と出版契約を締結

2018~

"Clock Speed" -for Solo Snare Drum-、"Kodama" small piece for Marimba Solo~PAS イタリア国際打楽器コンクールコンクールの小太鼓及びマリンバ部門課題曲に選出される。

 

【出演歴】

・2019年「小野史敬作品個展」で120名を動員したコンサートを主催

・PAS Italy Percussion Competition Winner's Concert 2016

・Performing Arts Festival(PAF) in Berlin 2018

・PAS Italy Percussion Competition Winner's Concert 2019

 

【指導歴】

・日本打楽器協会(JPEC)主催【2019】

自作品の演奏法がテーマのマスタークラスに招聘

・東京造形大学 客員講演者として招聘【2021】

「音楽と美術の相互関係について」

・日本打楽器協会(JPEC)主催のマスタークラスを開講

 

【学術機関との関係】

2024

シンガポール国立大学並びに同大学音楽学部YSTC(シンガポール)の大学図書館にて "Echoes" ~for Marimba Duo and Digital Audio~が蔵書

2023

アイオワ大学(アメリカ合衆国)の大学図書館にて "Clock Speed" -for Solo Snare Drum-、"Kodama" small piece for Marimba Solo~が蔵書

2022

クロアチア国立ザグレブ大学音楽アカデミーの論文「スネアドラムのための必須レパートリー」(Čavlek, Mario著)にて""Clock Speed" -for Solo Snare Drum- の奏法解説が研究機関に収蔵される。

 【リンク】

2019

・昭和音楽大学(日本)の大学図書館にて "Clock Speed" -for Solo Snare Drum-が蔵書

・グラーツ国立音楽大学(オーストリア)の大学図書館にて "The Shadow Drumming" ~for Solo Snare Drum and Electrical Voice~が蔵書

 

【楽譜販売実績】

HoneyRock

Pennsylvania, U.S.A🇺🇸

https://www.honeyrock.net/solo-sd.htm#sd2

 

Steve Weiss Music

Pennsylvania, U.S.A🇺🇸

https://www.steveweissmusic.com/product/ono-clock-speed/snare-drum-solo

 

Midwest Sheet Music

Maryland Heighest, Missouri, U.S.A🇺🇸

https://www.midwestsheetmusic.com/products.html?t=clock%20speed&r=score&i=25&p=1

 

Theodore Front Musical Literature

California, U.S.A🇺🇸

https://www.tfront.com/topic/Composer?name=&genre=Ono,%20Fumihiro

 

Stanton's Sheet Music

Ohio, U.S.A🇺🇸

https://www.stantons.com/sheet-music/title/clock-speed/HRSD030/

 

Southern Percussion

Essex, United Kingom🇬🇧

https://southernpercussion.com/product/clock-speed-by-fumihiro-ono/

 

Brandt  

Karlsruhe, Germany🇩🇪 

https://www.percussion-brandt.de/epages/228483.mobile/en_GB/?ObjectPath=/Shops/228483/Products/014-497&Locale=en_GB

 

Bluemallet

Tokyo, Japan 🇯🇵

 https://www.bluemallet.com/smp/item/GF-SDS-000091A.html

 

Music8 

Tokyo, Japan🇯🇵

https://www.music8.com/products/detail82550.php

 

Mike's Percussion 

Monterrey, México🇲🇽

https://mikespercussion.com/products/clock-speed-solo-para-tarola-fumihiro-ono-hr-sd030